カテゴリ:

母は、何年も前から糖尿病でした。
何年も前から糖尿病だったのですが、糖尿病について知識が乏しく、深刻に考えていなかったようでした。

「糖尿病の薬を飲んでんのよネ~」 ・・・という程度の軽いノリでした。
そんなわけで、糖尿病の怖さなどさほど気にもしないまま、病院からもらってきた飲み薬をずっと飲んでいたわけです。

ところが、近年になって、犬の散歩がてらに運動することが多くなったので、糖尿病も治ったんじゃないかと勝手に思い込み、糖尿病の薬を飲むのを止めてしまいました。

しかしながら、久方ぶりに糖尿病の血液検査を受けたとき、前と変わらず糖尿病であったので、改めて焦り始め、糖尿病についての勉強をし始めた・・・というわけです。
糖尿病については、お医者さんから知識を得られないので、自分で知識を得るしかないように思います。

それも、手遅れにならないうちに勉強しておいた方が良いかと思います。
うちの母も、もっと早くに糖尿病の勉強をしておけば、今よりもずっと、病状は軽かったかもしれません。

今更反省しても仕方ないですが、うちの母のように後悔をしないためにも、糖尿病と宣告された方は、本を読んで勉強された方が良いかと思います。