カテゴリ:

太ってはいない有名人の方々の中にも糖尿病とはわかりにくい隠れ糖尿病の方々がおられました。
一人はアントニオ猪木氏。

筋骨隆々として運動もしていて、一見すると糖尿病とは分からない状態だったのですが、実は食べすぎで糖尿病を患っておられました。

二人目は、華道家の假屋崎省吾さん。
この方も糖尿病を患っておられたわけですが、太ってはいなかったのでそれとは気がつきませんでした。

そんなわけで、糖尿病とは知らずに、ゴハンをパクパクと食べておられたご両人。
この方々が体の異変に気がついたのが、「だるい」ということでした。

それも半端なだるさではなく、猛烈なだるさでした。
そこで、病院で血液検査を受けてみると、高血糖によるだるさだったというわけです。

そのようなわけで、太っている・太っていないに関わらず、「最近は体がだるくてとてもしんどい」とか思われている方は、一度、病院に行って検査を受けてみるとよろしいかと思います