カテゴリ:

以前、オタク文化に詳しい「オタキング」なる称号をお持ちの「岡田 斗司夫さん」が、とある番組に久しぶりに出演されていました。
そこで、岡田さんはコメントを述べておられました。

・・・とまあ、ここまではよくある話です。
問題はここからです。

その放送を見た視聴者の中に、
「岡田さんの痩せ方には驚いた!」
「もしかして、重篤な病に罹っているのではないか?」

・・・等々の疑問が浮上しました。

しかし、じきにその疑問は解消。
ただ単に(単にと言って良いものかどうかはわかりませんが・・・)、岡田さんはダイエットに成功しただけだったのでした。
その驚異的なダイエット法、それが最近ブームのレコーディングダイエットです。

このダイエット法は、名前の通り「レコーディング(記録する)ダイエット」です。
「食べたものを逐一記録していき、自分が何を食べたかを自覚し、食べすぎや食事内容を改善し、結果的にダイエットに成功する」というダイエットです。

ところで、このダイエット法の開発者、岡田さんが直々に書かれた本があります。
それが、「いつまでもデブと思うなよ」です。

本書には、著者の岡田さんがダイエットに成功していく過程が掲載されているわけですが、この内容はかなりモチベーションが上がる内容でした。(←あくまでも管理人談)

また、本書は、著者である岡田さんが実践されたダイエット法のみに限らず、なぜ太っていると社会的に不利なのか、なぜ自分は太ってしまったのかなど、内容も興味深いものが多く、最後まで飽きにくい内容でした。(←管理人談)

また、肥満ではない方やダイエットにはさほど興味をお持ちでない方でも、著者の岡田さんの肥満についての考察、社会と肥満についての考察は読み応えがある内容なのかもしれません。

そのようなわけで、皆さんも「いつまでもデブと思うなよ」お一ついかが?(^ω^)