カテゴリ:

**☆。.* 『トマト&にんじんで キレイにダイエット』のトラックバックコンテスト参加中」 *.。☆**

k_t_03.jpg


先日、 【ケース販売】カゴメ トマトジュース 食塩無添加 900g×12本 icon のモニターに当選しましたので、早速、そのカゴメのトマトジュースを飲んでみました。

飲む時間帯についてですが、トマトジュースの腹持ちの良さを利用するために、夕食前に飲むことにしました。(私は夕食前に最も空腹感が強くなり、ついついドカ食いしやすくなる傾向があるためです)


《 トマトジュースによる食欲減退の利点 》
+  水とは違って、お腹がチャポンチャポンする感じがほとんどない
+  食物繊維を摂れる(食物繊維はカロリーの吸収を穏やかにします)
+  リコピン・ビタミンEなどの栄養を補給できる
+  トマトの種や種の周りの酸っぱいドロドロを取り除く手間が不要
+  酸味が少なく、トマトの酸味が苦手な人でも飲みやすい
+ カロリーが低い
+  美味しい
+  値段が安い
+  手軽に飲むことが出来る


実際に夕食前にトマトジュースを飲んでみると、確かに食欲は軽減しました。
トマトジュースは食物繊維が入っていてもったりとしていますので、グルグルとお腹がなって、胃がキューッとなる、あの嫌な感覚も軽減できました。
また、食事が軽めでも満足できた為か、食後の胃の状態も軽かったです。

ところで、カゴメのトマトジュースの原材料を見ると、原材料命のところに『トマト』としか書かれていません。トマトジュースの色はすごく赤く、味はまろやかで美味しくほのかな甘みもあるのに、食塩もお砂糖も着色料も使われていません。
トマトだけです。


k_t_00.jpg


これは、カゴメ独自のトマトジュースの製造技術のお蔭です。
このようなわけで、トマトは健康に良いけど、酸味や食感が苦手で今ひとつ触手が伸びないと言う方には、トマトジュースがお勧めです。

ちなみに、このカゴメのトマトジュースに使われているトマトの産地の情報については、カゴメのHPで掲載されていますので、興味をお持ちになられた方は、一度、ご覧になられてもよいかもです。
(参考資料 : カゴメの商品の原産地が書かれたページ


k_t_02.jpg


ところで、先ほども カゴメ トマトジュース icon『カロリーが低い』と書きましたが、トマトジュースって、本当にカロリーが低いジュースなんです。

コップ一杯(200ml)で40kcalと言う低さです。
牛乳(134kcal)や砂糖やクリーム入りのコーヒ(76kcal)やオレンジジュース(84kcal)などと比べても、このカロリーの低さは圧倒的です。


k_t_01.jpg


そこで、食欲を抑えるために食前にトマトジュースを飲んだわけですが、途中から別のトマトジュースの使い方も思いつきました。
それは、『夜の間食防止のために使う』と言うことです。

夜は本当に魔の時間帯です。
お腹が空き過ぎると胃に不快感が起こって眠りづらくなりますし、かと言って間食を食べてしまうと、食べすぎやカロリーが気になります。
そこで、このトマトジュースを夜のお腹の空く魔の時間帯に飲んでみると、強い空腹感が軽減されました。

と言うわけで、食欲減退のために カゴメ トマトジュース icon を使うのであれば、食前だけでなく、夜のお腹の空く時間帯に飲むのも良いかと思いました。

最後に、トマトにはリコピンが入っています。
このリコピンって言うのは、強い抗酸化作用(ビタミンEの100倍・β-カロチンの2倍)のある成分です。

また、トマトは血をサラサラにしてくれる作用があります。
ですので、トマトは普段から積極的にとりたい食品です。
でも、トマトを買ったり料理するのがめんどくさい方、それにトマトの食感や酸味やタネ(種の周りのプヨプヨ)が苦手な方は、トマトジュースがお勧めです。


《 ケンコーコムでトマトジュースを買おう☆ 》
ケンコーコムは、大手の通販サイトです。
(私も時々ケンコーコムを利用してます♪)

ケンコーコムでは、一回あたりのお買物の商品代金の合計額が一定額以上送料が無料ですので、トマトジュースをまとめ買いすればお得です。
トマトジュースは開封しなければ日持ちしますので、重いトマトジュースをケンコーコムでまとめ買いしますと、買出しの苦労が大幅に軽減できます。


icon icon

icon icon
カゴメ 百年品質 トマトジュース 190g×30本 icon
旬の完熟トマトだけを絞ったストレートなトマトジュースです。