カテゴリ:

アイシャドー暗い色目のそばにガッツリ塗れたりするんですが、明るい色は余りがちになるような気がします。
実際、使い勝手が悪いんですよね・・・。(。-´ェ`-) シュン

まぶたの上にガッツリつけてしまうと今ひとつ似合わないし、(私みたいないかにも日本人ののっぺりした感じの顔には特に)暗めのアイシャドーだとアイブロウの代わりにに使えるんですが、明るい色のアイシャドーだと、そういうわけにも行かないですしね。

で、どうしたものかなあと思ってたら、2ちゃんねるの化粧板http://uni.2ch.net/test/read.cgi/female/1353761859/)で、明るめのアイシャドーをコントロールカラーで使ってると言う方を発見しました。

コントロールカラーって言うのは、お肌の色をコントロールするためのものです。
くすんでる時は青、赤みがかってる時はグリーンや黄色など。

これなら、普段は余りがちな使わない色のアイシャドーでも消費する目処が立ちやすくなりますので、買いやすいですね。(^.^

ただ、これを使う場合どうしたものかなと言う。。。
アイシャドーをパレットからほじくり返して、乳鉢を使ってバラバラの粉々にした後・・・

フリート 乳鉢セット S

何かの容器粉の状態でいれてブラシかスポンジでパタパタするか、それとも、以前 【勇気必須】 エタノールでアイシャドウをプレスしなおす のページで書いたように、エタノールを使ってプレスし直すか・・・(; -`ω´-)

個人的には、飛び散らないタイプの容器にアイシャドーの粉を入れて、ブラシなどでコントロールカラーをパタパタするのが良いような気もしなくはないんですが。。。(^.^;