アーカイブ

2005年04月

   スポンサーリンク

   

カテゴリ:

ダイエットをする際に重要な要素となるのが酸素です。
酸素が体内に取り込まれるとミトコンドリアが体内の栄養素を使い、エネルギーを作り出します。

ここで重要なのが、酸素をいかにして体内に取り入れるかです。
酸素は肺で取り込まれたからと言って、体内を循環してくれるわけではありません。

体内に循環するためには運び屋が必要です。
その運び屋とは鉄分です。

この鉄分が不足すると、体内は酸欠状態になり、ミトコンドリアがエネルギーを生産できません。
ですので、鉄分を摂取しなければやせないのです。

カテゴリ:

リバウンドのキッカケの中でも、よく聞くのが「失恋」です。
自分のことを好きでいて欲しかった相手にフラれるのは、ものすごく辛いことです。

でも、失恋をしても次にもっとよい相手とめぐり合えるかもしれないですので、決して悲観することではないのです。
自分のことを好きでいてくれる、もっといい相手をGETしてやるんだ!

という意気込みで再挑戦してみましょう。
もしかしたら、本当に前よりももっと良い相手をGETできるかもしれません!

カテゴリ:

ダイエットをしてリバウンドすると、非常にモチベーションがさがります。
・・・というか、絶望的な気持ちになります。
でも、リバウンドしたときの失敗を分析して、今度はこの点に気をつけようと頑張れば、今度はうまく行くかもしれません。

人生は長いです。
リバウンドするとそのつど太りやすくなるから、一発で痩せないとダメ!」 ・・・という方もいらっしゃいますが、失敗してしまったからと言って、人生終わりというわけではありません。

ダイエットは、何度も何度も再挑戦してもいいのです。
ただ、同じ過ちを繰り返さないためにも、ダイエットを失敗した原因などを分析した方が良いかとは思います。
私のダイエットコラムが、その助けになれば・・・と、心から思います。

カテゴリ:

ジムで働いておられるインストラクターさんは、運動や体についてはエキスパートです。
以前、会社に来られていたジムのインストラクターさんも、非常に知識が豊富な方でした。

インストラクターさんの良いところは、自分が自分の体をどうゆうふうにしたいのかを伝えたら、それにあわせてトレーニングプログラムを作ってくれることです。
(作ってくれないインストラクターさんもいらっしゃるかもしれないですので、トレーニングを始める前に、一度お尋ねになったほうが良いと思います)

私は仕事が忙しくなってしまったので、途中で頓挫しましたが、ずっと続けておられた方は、非常にスリムで筋肉も発達して筋力も体力もUPしていました。
ですので、人生の中で一度はジムに通ってみたいと思われている方は、この機会にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう?

カテゴリ:

痩せることとやつれることは全然別物です。
痩せた場合は、すっきりとスマートで若々しく見えるものですが、やつれた場合は、老いて不健康に見えてしまいます。

肌艶は落ちて、頬はこけて、シワは増えるし、筋肉が落ちる割に脂肪はさほど減っていないので、体がたるんでしまいます。
ですので、ダイエットする場合は「痩せる」方を目指したほうが良いのです。

ダイエット方法は色々ありますが、絶食に近い食事制限や、嘔吐などを繰り返す不健康ダイエットをしていると、やつれてしまうので、注意が必要です。

このページのトップヘ

見出し画像
×