アーカイブ

2007年10月

   スポンサーリンク

   

カテゴリ:

腹持ちの良さと「カロリー」ではないです。
カロリーと腹持ちのよさが=であれば、太りにくいと思うんですが、人生、そんなに上手く行くことばかりではないようで・・・。

とりあえず、↓に、食品のカロリーを表示してみました。

ポテトチップ     500kcal
日清 UFO     543Kcal
おにぎり       200kcal弱
カップヌードル    364kcal

ポテチとかUFOとかはすごく腹持ちが悪いんですが、それでもこのカロリーというのが笑えますw
一日に必要なカロリーの摂取量が仮に1800kcalだとしますと、ポテチだと3.6袋、UFOだと3個でよいわけです。

まあ、「効率よいカロリー摂取をしているのだ」と思えば、全然大したことはない感じもするわけですが・・・。
ちなみに、マクドのハンバーガーの摂取カロリーは・・・

ハンバーガー          251Kcal
ビッグマック           508Kcal
チーズバーガー         303Kcal
ダブルチーズバーガー     453Kcal
フィレオフィッシュ        348Kcal
ベーコンレタスバーガー    385Kcal

・・・と、なっております。
ハンバーガーだけではおなかが空くので、
マックフライポテトかチキンマックナゲットを食しますと・・・

マックフライポテト(S)       230Kcal
マックフライポテト(M)      420Kcal
マックフライポテト(L)       529Kcal
チキンマックナゲット(5個)     198Kcal
* マスタードソース        70Kcal
* バーベキューソース      39Kcal

さらに、これにお飲み物を付けますと・・・

オレンジジュース(S)       103Kcal
オレンジジュース(M)       159Kcal
ダイエット・コーラ         0kcal
コーラ(S)              82Kcal
コーラ(M)              127Kcal
マックシェィク(バナナ)      283Kcal
マックシェィク(バニラ)       291Kcal
マックシェィク(ストロベリー)   296Kcal
マックシェィク(チョコ)       299Kcal

マクドナルドは、カロリーの高めなのが多いです。
マクドナルドでお食事する場合は、飲み物は「お茶」などを飲むようにしたり、ポテトを控えてサラダ類をコンビニで購入したりした方が無難かもしれません。
(そんなめんどくさいことをする位なら、コンビニ弁当を買ったほうが早かったりしますね・・・。(^_^;))

カテゴリ:

160cm台の身長の日本人女性は多いです。
ですので、当然、50kg台の体重の人は多いわけです。

でも、多くの160cm台の女性は40kg台を目指します。
40kg台であれば、モデル体型の細身の女性になれる(なれそう)だからです。
また、40kg台と言えば、女性にとっては一種の「勲章みたいなもの」ですので、俄然張り切ってしまうというわけです。

ちなみに、体重が40kg台になれば、こんな会話が出来てしまいます。
「私ね、今、48kgなんだ~ 前は45kgぐらいだったんだけど、ちょっと太っちゃったな~」
「50kg超えしないようにガンバロ~って思って、リバしないようにウォーキングとかしてるんだよね」
「でも、甘いものとか好きで、やっぱり食べちゃうんだよね♪(*^m^*)ウフフ」

このニュアンス・・・ 160cm台で50kg台のダイエッターの女性の皆様には分かっていただけると思うのですが・・・。

まあ、こういった裏山な会話ができるように、160cm台で50kg台の女性たちは、日々頑張っているわけですが、男性の中にはさほどこういったのに興味がない方が多い様子で・・・

「40kg台がそんなに偉いとは知らんかったなぁ、女には色々とあるんやなあ~」

・・・などと、いとも軽くあしらわれることがあります。
その理由としては・・・

「どちらかというと、スレンダー系よりもポッチャリ系の方が好み」
「体重よりも顔や体型(バスト・ウェスト・ヒップサイズなど)を気にする」

・・・などの理由があるようです。
(当然、スレンダーな体型が好みの男性諸氏もおられます)

女性は体重をことのほか気にする面があるものですが(特に「40kg台の体重」については強いこだわりが)、自分自身のためではなく、自分の好きな男性のためにダイエットをする場合は、自分の彼氏やだんなさんやお目当ての男性がいかなる女性が好みなのかをリサーチした上で、ダイエットをした方が無難であるのかもしれません。

カテゴリ:

先日、レコーディングダイエットについての記事を書いたのですが、そういった継続させなければならないメモについて一言。

私も食べたものの記録はつけているのですが、この時に大切なのは・・・
「食べ物を食べる場所にメモ帳を置いておく」
・・・って言うことです。

そうでなければ、メモしなければならないのにメモ帳の存在自体を忘れてしまって、「いつの間にか食べたことをメモすることを忘れてしまう」・・・からです。

それと、もう一つ大切なことが、「食べたらすぐに記入する」・・・っていうことです。

そうでなければ、「あれ?そういえば、おとついの晩御飯って何を食べたっけ?」・・・と、なってしまうからです。
(ボンヤリと食べてしまっている場合、昨日食べたものの事も忘れてしまっている?!)

そのようなわけで、「食べ物を食べる場所にメモ帳を置いておく」「食べたらすぐに記入する」という二つのことは、レコーディングダイエットをされる前にルールとして決めておかれるとよいと思います。

カテゴリ:

以前、オタク文化に詳しい「オタキング」なる称号をお持ちの「岡田 斗司夫さん」が、とある番組に久しぶりに出演されていました。
そこで、岡田さんはコメントを述べておられました。

・・・とまあ、ここまではよくある話です。
問題はここからです。

その放送を見た視聴者の中に、
「岡田さんの痩せ方には驚いた!」
「もしかして、重篤な病に罹っているのではないか?」

・・・等々の疑問が浮上しました。

しかし、じきにその疑問は解消。
ただ単に(単にと言って良いものかどうかはわかりませんが・・・)、岡田さんはダイエットに成功しただけだったのでした。
その驚異的なダイエット法、それが最近ブームのレコーディングダイエットです。

このダイエット法は、名前の通り「レコーディング(記録する)ダイエット」です。
「食べたものを逐一記録していき、自分が何を食べたかを自覚し、食べすぎや食事内容を改善し、結果的にダイエットに成功する」というダイエットです。

ところで、このダイエット法の開発者、岡田さんが直々に書かれた本があります。
それが、「いつまでもデブと思うなよ」です。

本書には、著者の岡田さんがダイエットに成功していく過程が掲載されているわけですが、この内容はかなりモチベーションが上がる内容でした。(←あくまでも管理人談)

また、本書は、著者である岡田さんが実践されたダイエット法のみに限らず、なぜ太っていると社会的に不利なのか、なぜ自分は太ってしまったのかなど、内容も興味深いものが多く、最後まで飽きにくい内容でした。(←管理人談)

また、肥満ではない方やダイエットにはさほど興味をお持ちでない方でも、著者の岡田さんの肥満についての考察、社会と肥満についての考察は読み応えがある内容なのかもしれません。

そのようなわけで、皆さんも「いつまでもデブと思うなよ」お一ついかが?(^ω^)

このページのトップヘ

見出し画像
×