アーカイブ

2009年06月

   スポンサーリンク

   

【エコでお洒落で良い香り】 ecoco のディシュウォシュを使ってみた

カテゴリ:

**☆。 ケンブロ・「ecocoでおしゃれなeco生活」のトラックバックコンテスト参加中 。☆**

先日、ケンコーコムと言う大手通販サイトでecoco ディッシュウォッシュ(食器洗い用の洗剤)のモニター募集がされていましたので応募してみました。
すると、運良くモニターに当選することができましたので、試しに使ってみることにしました。


e_d_01.jpg


ecocoのディシュウォッシュは、香りのバリエーションによって何種類かあるのですが、今回私が使わせていただくことになったのは、 シャイニーシトラスの香りです。

シャイニーシトラスの香りは、柑橘系のさわやかな香りです。ディシュウォッシュはお台所で使うものですから、柑橘系のさわやかな香りはなかなか良かったです。


e_d_02.jpg


ところで、ヤシ油などの植物性の油を使った液体石鹸を使ってお皿洗いをすると、石鹸カスが残りやすくなります。
石鹸カスと言うとちょっと分かりにくいですが、要は流しや食器が『白っぽくなる現象』です
これは石鹸成分と水に含まれるカルシウム分が結合することで起こります。

でも、この石鹸カスの現象は、普通の食器洗い用の洗剤では見られません。
それは、普通の食器洗い用の洗剤には、石鹸カスの生成を防ぐ薬品が入っているからです。

そのようなわけで、お肌や環境には石鹸カスを作らせないようにする薬剤が入っていない方が良かったり、お肌や環境への負荷が気になる方には、このecoco ディッシュウォッシュがお勧めです。

ちなみに、どうしてもこの石鹸カスをつかないようにお皿洗いをしたい場合は、少量の重曹を水に溶かした重曹水すすぎ前の食器に振りかけたり、すすぎながらアクリルスポンジで軽く擦り洗いすると、石鹸カスを除去できます。
また、熱めのお湯を使ってすすぎをすると、石鹸カスがつきにくくてGoodです。


e_d_00.jpg


それはそうと、みなさん、お皿洗いの時、どうやってお皿を洗っておられますか?
私は手肌や水や洗剤の節約のために、洗い桶の中に水を溜めて、そこにお皿荒い用の洗剤を少量加えてから洗っています。
(1L辺り5mlくらいの洗剤でOKです)

この方がすすぎが楽水道代の節約が出来ますし、洗剤も少なくて済むんです。
また、洗剤の原液や薄まっていない洗剤にお肌が直接触れにくいですので、手荒れもしにくくなります。

「でも、汚れ落ちが悪くなるんじゃない?」と思われる方がおられるかと思いますが、そう言うことはありません。
泡は立ちにくいですが、普通に落ちます。
もちろん、ecoco ディッシュウォッシュも綺麗に落ちました。
(しかも、ecocoのディッシュウォッシュは香りも良かったので、なおさらGoodでした♪)


e_d_03.jpg


ただ、洗剤の量をあまり増やさずに洗うのであれば、あらかじめ、油分はキッチンペーパーや新聞紙や新聞の折込チラシなどで軽くふき取ってから洗った方が良いかもです。

あと、洗い桶の中に水を溜めて食器用の洗剤を少量加えてから洗う場合、食べ残しも一緒に洗剤の水にジャボンと漬けるのではなく、あらかじめ残飯をキレイに捨てておくと、より洗い易くなります。

ちなみに、使っているうちに黒ずんでくる布巾ですが、これは食器洗い用中性洗剤では落としにくいですが、弱アルカリ性石鹸なら落としやすいです。


でも、固形石鹸洗いにくいものです。
特に石鹸が薄くなってくると、洗っている最中に割れてポロポロになったり、洗浄力が低下してきたりします。

この点、液体石鹸なら大丈夫。
最後まで洗い易いですし、洗浄力も保ったままでいられます。
しかも、このecoco ディッシュウォッシュであれば、お皿洗いの最中にさわやかな香りに包まれますので、お皿洗いがより快適になります。

このようなわけで、環境と手肌へのやさしさや液体石鹸の洗浄力と使い勝手は良いと思うけど、良い香りがある方が好きな方には、ecocoのディッシュウォッシュがお勧めです。

最後に...。
最近では、お洒落なお家が増えました。
また、インテリアもバッチリ決まっててハイセンスなお家も増えました。

ecocoのディッシュウォッシュは、そんなハイセンスなお家にもマッチするステキなボトルの食器洗い洗剤ですので、ecocoのディッシュウォッシュのボトルを手に入れるためだけにecocoのディッシュウォッシュをお買い求めになると言うのもありかもです。

ちなみに、ecocoのディッシュウォッシュは中身の液体石鹸が『無色透明』ですので、ボトルがお目当てでecocoのディッシュウォッシュをお買い求めになる場合は、ボトルの色でお選びになると良いかもです。

【手肌に優しい】 ecoco のハンドソープを使ってみた 【エコ】

カテゴリ:

**☆。 ケンブロ・「ecocoでおしゃれなeco生活」のトラックバックコンテスト参加中 。☆**


以前、 ケンコーコム と言う大手通販サイトがecocoと言うブランドのハンドソープのモニターを募集されていましたのでそのモニターに募集したのですが、先日、そのモニターに見事当選することができましたので、早速、そのハンドソープを使ってみることにしました。
今回私が利用させていただくのは、シャイニーシトラスの香りのハンドソープです。


e_h_00.jpg

e_h_02.jpg


写真をご覧頂くとお分かりになると思うのですが、ボトルがすごく可愛いです。
この可愛いボトルを使うために、このハンドソープが欲しくなるほどです。

ところで、このecocoのハンドソープ、普通のボディーソープやハンドソープと比べると、洗い上がりのさっぱり感とすっきり感が良い感じです。

これは、どこかで... と思ったら、そうなんです。
『石鹸』なのです。


e_h_03.jpg


ecocoのハンドソープのすっきり感は、石鹸のそれとよく似ていたのです。
ecocoは液体石鹸のハンドソープなので、この洗い上がりのスッキリ&サッパリ感が得られたんですね。

ちなみに、液体石鹸はモァーとした感じの匂いがありますので、それが苦手な方はecocoのハンドソープの心地よい香りは嬉しいかもです。

※ 今回モニターで使わせていただいたのは、シャイニーシトラスの香りのecocoのハンドソープでしたが、オーシャンミントやシルキーラベンダー、それに、ロイヤルローズやエレガントハーブなどの香りもあります。

下の写真は、ecocoのハンドソープを手にとった時の写真です。
下の写真のように、ecocoのハンドソープには色がついておらず 無色透明ですので、黄色いのはハンドソープの中身の色ではなくボトルの色です。


e_h_01.jpg


ecocoは、余分な着色料が入っておりませんので、そう言う意味でもエコな感じかと思います。
下の写真は、ecocoを実際に使ってみたところの写真です。少量の水を加えて、ちょっと泡立ててみました。


e_h_04.jpg


植物油から作られた液体石鹸はあまり泡立ちが良くないですので、ecocoのハンドソープもあまり期待はしていなかったのですが、ecocoはそこそこ泡立ちました。
洗顔石鹸などと比べると泡のキメは荒かったですが、ecocoのハンドソープは洗浄力が高く、洗い上がりはサッパリしました。

ところで、先ほども述べましたように、植物油から作られた液体石鹸は、普通、あまり泡立たないものだったりします。
でも、このecocoは特別な加工がしてあるようで、普通の植物油の液体石鹸と比べると泡立ちが良かったです。

そんなecocoですが、合成界面活性剤や酸化防止剤などは入ってないですし、洗浄成分がお肌に残りにくいですので、お肌や環境にとっては、よりやさしいハンドソープです。
(お肌などの人の体も自然の一部であるわけですから、環境にやさしい商品と言うことは、人の体にもやさしいと商品だと言えるのかもしれません)

このページのトップヘ

見出し画像
×