スポンサーリンク

   

カテゴリ

カテゴリ:髪&クセ毛

【ヌルヌル】 でもリンスは使ったほうが良い件 【面倒くさい】

カテゴリ:
個人的には、面倒くさいなあ ( ´Д`)=3 とは思いつつも、それほどではなかったんですが、実はリンスがかなり嫌いな人は多いみたいです。

女性の皆さん、知っていましたか? 男性の7割はリンスを使わない! によると、何と、男性の7割がリンスを使わないんだそう。

【白髪染め】 ウェラトーンを使ってみた 【輝きが違うんです】

カテゴリ:

先日、 ウエラトーン2+1 (ミルキーくし付き)のモニター募集に応募したのですが、幸運なことにそのモニターに当選できましたので、ちょっとウエラトーン2+1を使ってみる事にしました。


wella_03.jpg


ウエラトーン2+1の特徴は、何と言っても毛染め後の髪の輝きにあるようです。
その髪の輝きをUPさせるためのものが下の液体です。


wella_00.jpg


これを白髪染めの混合液の中に入れるとあら不思議、染め上がりの髪がピカピカになると言う仕組みです。
と言うわけで、染め上がりは下の写真です。


wella_06.jpg


写真では今ひとつお分かりいただけないような感じではありますが、
輝きまくってるわあ・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n'∀')η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
と言うぐらい輝いています。

ちなみに、手触りも柔らかで滑らかですので、かなりご機嫌です。
普通の白髪染めですと、髪が痛んでしまいゴワゴワでマットな仕上がりになるもんなんですが、どういうわけかこのウエラトーン2+1は、ピカピカで滑らかに仕上がりました。


wella_02.jpg


私はこの頃ヘナで白髪染めしていましたので、色ムラがかなり強かったです。
(下の写真は、ウェラトーンで染める前の写真です)


wella_05.jpg


でも、ウェラトーンで白髪染めするとその髪の色ムラもかなり改善しましたし、髪の根元の白い部分もきれいに染まりました。
(下の写真は、ウェラトーンで染めた後の写真です)


wella_04.jpg


でも、実はこのウエラトーン2+1、普通の毛染めに比べて少々お高いんですよね。
とは言っても、美容院で染めるよりもはるかに安上がりですし、外食を1ヶ月に1~2回程度ガマンすれば買える値段だと思いますので、費用対効果を考えると高くないと思います。

最後に、ウェラトーンの色のバリエーションはかなり豊富ですので、栗色っぽい色からピンクっぽい色まで、また、明るい色から暗めの色まで様々な色を選べますので、お好みの色をチョイスしやすくなってます。


wella_01.jpg


でも、ドラッグストアやスーパーの店頭に並ぶのは、商品棚のスペースの関係上、人気のあるお色だけになることが多いですので、実際に自分のお好きなお色を確実にチョイスするためには、ウェラトーンの購入は通販の方が良いと思います。

ちなみに、大手通販サイトのケンコーコム(東証マザーズに上場)では、クリームタイプ、液状タイプ、ミルキーくし付き、生え際用のウェラトーンを販売しています。
もちろん、カラーバリエーションもかなり豊富です。


icon icon
ウエラトーン ツープラスワン(2+1) ミルキー くし付き 6B icon
白髪も黒髪もしっかり染まる女性用白髪染め。
染めにくい後頭部まで簡単に染めたい方へ。

【速攻】 ASIENCE を使ってみた 【髪がプルンプルン】

カテゴリ:

asience_01.jpg


先日、花王のアジエンス(ASIENCE) のシャンプー&コンディショナーのモニターに当選しました。何でも今回、以前から販売されていたあのアジエンスが新しくなったんだそうで。

アジエンスのコンセプトは、「持って生まれた美しさを呼び覚ます」です。
これは、東洋人の持つ特徴(髪が太くて繊維組織の数が多い)を生かすということらしいです。
最初はこれ、? だったんですが、使ってみたら、「ああ、こう言うことだったのねー (ノ∀`) 」と妙に納得したのでした。


asience_03.jpg


何をどう納得したのかと言うと、洗髪し終わった時(洗っている最中から実感はありました)から髪がプルンプルンになっているのがわかったからです。
髪がプルンプルンって言うと何だか変な感じですが、要するに髪の張りと弾力が強くなってプルンプルンとするのを感じたと言うことです。


asience_02.jpg


でも、若い時であれば、これほど感動はしなかったかもです。
年をとるとですね、衰えるんです。
髪の弾力性とか張りって言うのが・・・。 (´・ω・`)

私は髪が太いので、老化したら少しは髪が細くなって扱いやすくなるんかなあと思ってたんですが、扱い易くなるとか云々の前に、髪がムニムニになると申しますか、 張りのない老化した髪だなあと言う感じになってしまいまして・・・。orz
そんな時にこのアジエンス(ASIENCE)を使いましたので、おおっ? (゚∀゚ ) と思った次第なのでした。


asience_00.jpg


ちなみに、 アジエンス(ASIENCE) には上のような成分が含まれてるらしいです。( ´ω`)

1. 真珠プロテイン (補修成分)
2. 月桃エキス (柔軟成分)
3. アロエエキス (保護成分)
4. 椿油 (保湿成分)
5. 朝鮮人参 (保湿成分)

つか、柔軟成分が含まれてるんですよね、アジエンス(ASIENCE)って。
なのに、何故か髪に張りとコシが生まれると言う・・・
(真珠プロテイン (補修成分)と アロエエキス (保護成分)のせいかな? (´・ω・`))

Amazonで販売中のアジエンス(ASIENCE)の商品一覧を見る

カテゴリ:

シャンプーをしておいて、その後リンスをせずにストレートパーマをあてる・・・と、
ストレートパーマの使用説明書に書いてありますが、これは、リンスにはストレートパーマの成分をしみこませないような成分があるからなんですね。

ですので、あのように使用説明書には書かれているというわけです。
私も、リンスをつけた後にストレートパーマを使ってしまったことがありますが、この場合ですと、かなりストレートパーマの効きが悪かったように思います。

ところで、ヘアマニキュアをつけていた場合はどうなるでしょう?
これもストレートパーマの効きを悪くしてしまうようです。
ですので、ストレートパーマをかける方は、ヘアマニキュアではなく、ヘアカラーにしておいた方が無難かもしれません。

ちなみに・・・ 私は長年ストレートパーマをあててきましたので、ヘアマニキュアをしている際にストレートパーマをあててしまったこともあるんですね。
こういったときには確か、ヘアマニキュア色にストレートパーマが染まっていましたので、ヘアマニキュアが剥落していたのかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×